マンウィズアミッション大好きな雑記ブログ「小野姉子はノってるし!」

MAN WITH A MISSIONやその他好きなバンド、曲について書くブログです

親が子を虐待したり殺したりっていうのもうやめてほしい

headlines.yahoo.co.jp

 

本当に糞のような出来事ばかりでうんざりしますね。

自宅に靴が隠されていたり、凶器とみられる紐のようなものが見つかったりというニュースが流れた時点でネットではもう義父が逮捕されるのも時間の問題かという見方が強かったようです。義父が無職という時点でこいつだろって声もありましたが、それは単なる偏見でしたけど。

なんで小学生の子が殺されて、あんな狭い場所に押し込められて放置されなければならなかったのか。

 

昨日も憤りのような悲しみのような苦い想いを感じながらニュースを見ていたのですが、ふとある曲を聴きたくなって、久しぶりに聴きました。

何の曲かと言いますと、AEROSMITHの「Janie’s Got a Gun」です。

 


Aerosmith - Janie's Got A Gun (Official Music Video)

 

アルバム「Pump」に収録されたこの曲は、AEROSMITHの曲では珍しく社会派な内容になっています。というのもこの曲のテーマはずばり虐待、特に性的虐待を受けている少女のことが歌われています。

 

歌詞の内容はアメリカらしく、Janieは銃を手に入れて虐待してきた父親を撃ち殺しちゃってるわけですが、Run away, run away from the painという歌詞や、その後に出てくるHer dog day’s just begunという歌詞から察するに、銃で撃って父親から解放された後もまだ苦しみから解放されたわけではなく、苦しい日々は始まったばかりということのようです。

 

この曲の作詞には9か月もの月日がかかったようで、当初はもっとヘヴィーでオブラートに包まない歌詞だったようですが、商業的な理由もあって現在の形になったそう。それでもライブでは時折元のフレーズで歌うことがあるそうです。

 

ボーカルのスティーブン・タイラーもこの曲に思い入れがあるのか、それともこの曲を通して虐待を受けている少女達を何とかして助けてあげたいという気持ちになったのか2015年にはジェイニーズ・ファンドという基金を設立したり、今年にはジェイニーズ・ハウスという被害女性のための施設を設立したりしています。

スティーブン・タイラーには娘が多いので、どちらかというと悲惨な状況にある少女に対してより同情的な気持ちを持つのかもしれません。しかし、悲惨な状況にあるのは、少女だけでなく少年もいることでしょうから、この勢いで男児も救ってほしい限り…。

 

海外のロックバンドの人って何かこういうことをやる人いますよね。

Mötley Crüeのヴィンス・ニールも愛娘を病気で亡くしていて、スカイラー・ニール基金を設立し、闘病中の子供を支援する活動を行っていたりします。彼の場合はそれ以外の悪行というか破天荒さのほうが目立ちすぎてますが…。まあMötley Crüeの最後の公演の際には涙を見せたりしたらしいので、情に熱い人なのかもしれないですけどね。それか歳をとって涙脆くなったとか…。

 

話が逸れましたが、昨日は「Janie’s Got a Gun」を聴きながら、こうした子ども達を救おうという人もいれば、虐待したり殺したりする人もいて、ただそうした人達も元々は純心な子どもであったはずで、そういうことを考えていてただただ虚しい想いに駆られたというお話でした。

マンウィズが2020年春にFC限定ツアーを開催することが決定!!

 

そして、今日の18:00~がチケットの先行受付開始らしいです。

 

■受付期間:2019年9月18日(水) 18:00〜2020年1月10日(金) 23:59まで
■申込枚数制限:お一人様につき、1公演2枚まで(複数公演申込み可)
※ 未就学児童入場不可

 

ただし、今回のツアーは完全にファンクラブ限定なので、チケットを申し込むのも、同行者もFUN WITH A MISSIONの有料会員であることが前提となっています。

まあ、少し前に一般発売も終わってしまったライブハウスツアーについて、ネット上のいろんなところでファンクラブに入ってても全然チケット取れないじゃない!!の声で溢れていたようなので、その補填的な意味もあるのかな…?

さすが、我々のMAN WITH A MISSIONではないかー!と思った次第です。

 

一方で、今まで参加してきた中で、結構小学生くらいのお子さん連れの方も多いのでその場合小学生の子連れて行くのにその子たちもファンクラブに入会させないと今回のツアーには参加出来ないってことなんで、お子さん連れで今まで参加されてた方々にはちょっとハードル高いんじゃないかなーと思いました。

 

やっぱりね、これからの日本を背負っていくのは子ども達ですから、子どもっていうのは大事にしないといけないわけです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

そんな中で、小学4年生の男の子が亡くなるニュースがありました。

昨日の夜、英会話の塾から帰って来なくてご両親が110番通報されていた最中で、自宅の集合住宅内で亡くなっている状態で発見されたのだそう。首には絞められた跡があるということで殺人事件の可能性が高いようです。自宅の傍まで来ていて事件に巻き込まれたんでしょうか、男の子の恐怖や、ご両親の悲しみを考えると胸が痛みます。

昼夜関係無く子どもを狙う悪人は出没しますが、夜はやはり闇に紛れて行動がしやすいですから、塾や学校の送り迎えは徹底したほうが良いのかもしれません。夏休みが明けてからおそらく全国的に不審者の情報が多くなっているかと思いますので、お子様のいらっしゃるご家庭は是非ご注意を。

 

f:id:ononoaneko:20190509125235p:plain

お姉ちゃんは不審者情報が近所だったら

誰にも頼まれてないのに自主的に見回りに行ってるよねw

 

f:id:ononoaneko:20190509125310p:plain

まあね。

近所で何かあった時に近くにいたら、助けられるかもしれないじゃない?

 

f:id:ononoaneko:20190509125235p:plain

でもそれ見る人によっては不審者だよねw

 

とまあ心無い妹子にはこのように不審者と同じ扱いをされるわけですが、軽く散歩がてら近所を見回っている次第です。ちなみにちゃんとヒーロー感を出すために仮面ライダーゼロワンをイメージして蛍光黄色の入ったジャージでお散歩してます。

 

f:id:ononoaneko:20190509125235p:plain

いや蛍光黄色の入ったジャージ着てるお姉ちゃん見ても

あっ!ゼロワンだ!とはならないしねw

 

f:id:ononoaneko:20190509125310p:plain

こっちサイドの気持ちの問題だからほっといて。

 

以上、マンウィズ2020年のFC限定ツアーのお話から入って、子ども達を傷つけようとする悪からなんとかして守りたいというお話でした。

13日の金曜日となればホラーについて書くしかないですね

今日は13日の金曜日!!ジェイソンの日だ!!

ということで今日はホラーについてです。

ホラーについてなんですが…、実は私は13日の金曜日は見たことがありません

 

 

たぶん私を含めた見たこと無い人にとっては、なんか13日の金曜日にジェイソンって化け物がチェンソー持って暴れるやつみたいなイメージしかないと思いますが、Wikipedia見る限り実はそうではないようです。

ホラーなのは間違い無いんでしょうが、人間怖い系みたいですね。

 

そもそも第一作目は息子を失って復讐の鬼(かといって復讐されるのは無関係な人だけど…)かつ精神異常になった母親が殺人鬼となって暴れまわる話らしく、私のイメージの中のジェイソンくんは暴れないようです。

ジェイソンくんが暴れだすのは2作目以降。1作目の殺人鬼となった母親が失ったと思っていた息子が実は生きていて、それがジェイソンだってことが書いてありました。で、彼は母親の意志を継いで?殺人鬼活動をするという…。

 

ジェイソンくんは、生まれつき障害があって、それに対するイジメや、湖の監視員の職務怠慢によって行方不明→死亡の扱いとなったようで、1作目の母親もそうして息子を愛していたが故に、失ったことへの悲しみ、怒りから殺人鬼になるというどこか悲しい話でもあるようです。

それはそれで問題ですし、悲劇なんですが、そんな中で親だけは子を愛していたというのは、悲劇の中での唯一の救いのように感じます。

 

それを思うと、ちょっと脱線しますが、それぞれ親が子を子が親を想っている彼らより、近年よくある親による子どもの虐待死のほうがよほどイレギュラーでクレイジーサイコパスでホラーで可哀想です。

まさに人間怖い系ホラーの究極系で、例のニュース記事なんか見て亡くなった子のことを想うと無関係な私ですら悲しみを越えて怒りを覚える次第です。例えどんな理由があろうと、私はあの父親も母親も決して許されるものでは無いと思います。

 

以上、脱線しました。

 

さて、私ですが、どちらかというと人間怖い系より幽霊怖い系のほうが好きです。

人間怖い系も頭おかしい人が怖いのは十分わかってるんですけど、幽霊よりまだ戦えそうじゃないですか。こっちが殴れば向こうも痛いはずだし、間接を極めれば動きを封じることも出来る。

でも幽霊相手だと殴ってもたぶん効かないですよね…。そこが怖い。

 

f:id:ononoaneko:20190509125235p:plain

ホラー映画ってそういう視点で見るもんだっけ?w

 

f:id:ononoaneko:20190509125310p:plain

だって物理無効は卑怯じゃない?

 

そんなわけで幽霊は本当に怖いです。

そんな幽霊の中でもポルターガイスト的なアメリカンハードロックなやかましい系幽霊よりは、ジャパニーズホラーのじっとりしたやつが怖いですね。

あいつらそこにいるよ感出してきて、「いるんだろ?いるんだろ?いなーい!!あー良かったいなーい!!やっぱいるーー!!!!!」みたいなことしてくるので…。

それに引き換え欧米の幽霊さんは、「俺はここにいるぜ!!俺はここだ!!お前のすぐ近くにいる!!俺はここにいるぜBABY!!BABY!!YEAAAAAHHHH!!」みたいなところがあるイメージ。やっぱり文化の違いですかね、あちらさんはきっとガンズアンドロ―ゼスとか聞いて生まれてくる人間の幽霊なんでノリが良いんだと思います。一方日本ではこんにちは赤ちゃんを聞いて生まれてきますからね。

 

f:id:ononoaneko:20190509125235p:plain

めっちゃ偏見入りまくりじゃない!?w

 

f:id:ononoaneko:20190509125310p:plain

いやガンズアンドローゼスも聞かずに生まれてきたとしたら

それはもう日本人みたいなもんよ。

 

f:id:ononoaneko:20190509125235p:plain

いや、絶対そんなこと無いって!!w

 

そう考えると、今ではジャパニーズホラーの日本代表みたいなところのある貞子さんとか伽椰子さんとかは、そういうジャパニーズホラーのじっとりした湿気を十分に内包しながら、かつアメリカンハードロックのような荒々しさも併せ持っているのではないかと思います。

貞子さんもノリでテレビから出てくるし、伽椰子さんのあの階段を降りてくるパフォーマンスなんて、もはやKISSのジーンシモンズが火吹くのと一緒ですからね。

着信アリっていうのもありましたね。私は友達があまり多くないので日常的に着信ナシなんですけど、それはそれで悲しいものがあるんですよ。

 

思えばあの頃はジャパニーズホラーの全盛期でした。テレビでも心霊系の番組があったりしましたし。なんか聞くところによると、PTA等からの苦情で心霊番組減ったらしいですね。夜に子どもが怖くて眠れなくなってしまうのでやめてほしいみたいなことで。

流石の幽霊も子を想う親たちPTAには勝てなかったわけです。

 

要するにどんなに怖い幽霊もお母さん、お父さん達には勝てないということ。

全国の幽霊が怖いちびっこ達にも教えてあげたいですね。

 

f:id:ononoaneko:20190509125235p:plain

上手いこと言ったみたいな顔してるけどさ、

アメリカンな幽霊にはどう対処すんのさ?w

PTAに負けたのは日本の幽霊でしょ?w

 

f:id:ononoaneko:20190509125310p:plain

KISSを聴けば良いよ。

彼らは地獄の軍団だから流石のアメリカン幽霊もKISSには従うしかないはず。

 

f:id:ononoaneko:20190509125235p:plain

KISSすげぇ…w

 

Detroit Rock City

Detroit Rock City

  • キッス
  • ハードロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ここまで80%以上がフィクションです。