マンウィズアミッション大好きな雑記ブログ「小野姉子はノってるし!」

MAN WITH A MISSIONやその他好きなバンド、曲について書くブログです

ワンパンマン2期OP 静寂のアポストルがカッコいい

久しくブログを更新してませんでした。

色々忙しくてなかなか書く暇が無いんですよね…。

 一昨日なんて仮面ライダーも見逃してしまって…。

一週間のうちの大きな楽しみの一つなのに…。

ディケイドが活躍しそうだったから見たかったのに…!

 

さて、私はヒーロー物っていうのが凄く好きなんです。

仮面ライダースーパー戦隊はもちろんのこと、いぬやしきも見てハマったくちです。

そんな私ですが、遅ればせながら最近ワンパンマンにハマっています。

 

ワンパンマンとは

galaxyheavyblow.web.fc2.com

 

元は原作ONE先生によるWEB漫画で、現在は村田雄介先生の作画によってヤングジャンプで連載中、さらにアニメ化もしているギャグ漫画です。

主人公は趣味でヒーローをしているサイタマという男です。そんな彼は、あらゆる敵を一撃(ワンパンチ)で倒してしまう強さを身につけ、その代償にハゲてしまったという悲劇の?人なのです。

 

こんな感じの見た目で、漫画自体も大枠でいけばギャグなのですが、単なるギャグという枠組みに収まらない、凄く熱いヒーロー物なのです。

 

名前くらいは聞いたことある私だったのですが、先日アマゾンプライムビデオで見てからというもの…すっかりサイタマの虜になってしまいました。

 

 

サイタマ氏の魅力

サイタマ氏の魅力は色々あるのですが、何をさておいてまずはその強さです。

劇中、あらゆる協力な敵が現れ、味方達は必死の様子で戦いを繰り広げます。そこはそこで凄くカッコいいのですが、やっぱりサイタマ氏が来てくれた時の安心感?は尋常じゃないのです。だって彼ならワンパンチで片づけてしまうとわかっているから!

想えば私は「俺つえーー」なお話は大好物でした。

ティーブンセガールも好きですし、仮面ライダーカブトも好きですし…。

そして、そんな俺つえーーの最上級と言っても過言ではないレベルで最強なサイタマ氏は、私にとって最強に魅力的なのです。

また、強さと引き換えにハゲたっていう設定からくる丸っこいフォルム、最強ゆえに緩い言動、それでも時折見せる熱い想い。本人は感情すら消え失せたというふうに思っているようですが、熱い想いがサイタマ氏の中にある描写が時折あって、凄く好きです。

 

他のキャラの魅力

また、ワンパンマンの魅力は、主人公のサイタマ氏だけに限った話ではありません。他にも魅力的なキャラクターが多数存在するのです。

中でも私が特に好きなのは、戦慄のタツマキ、キングの二人です。

 

ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

 

 

戦慄のタツマキは、凄く可愛らしい見た目の女の子です。

ただ、彼女は凄まじい超能力を持ったキャラで、毒舌かつ冷酷。妹であるフブキからすら恐れられているという存在です。そのギャップが魅力なのです。

また、キングは、顔がいかつく、周りから人類最強だと思われているヒーローなのですが、実は無茶苦茶弱いのを隠しているキャラ。敵に相対すると、心臓バクバクになってしまうにも関わらず、周りはそれをキングエンジンと呼び、「これを聞いて生き延びた怪人はいない」という逸話になっているほど…。

サイタマとゲーム友達になっちゃうところも彼のなんか可愛いところです。

 

ワンパンマン2期OP 静寂のアポストルがカッコいい

第13話 ヒーローの帰還

第13話 ヒーローの帰還

 

 

さて、そんなわけで、ワンパンマンアマゾンプライムビデオで見てたわけなんですが、2期のオープニング曲が、物凄くカッコよかったのです!

 


JAM Project「静寂のアポストル」(TVアニメ『ワンパンマン』第2期オープニング主題歌)- Music Video(Full ver.)-

 

歌ってる人たちを見たら、JAM Project

ああ、どおりで熱いわけだと納得しました。

JAM Projectって何なの?っていう人もいるかと思いますので、簡単に説明します。

 

JAM Projectって何なの?

私もあまり詳しいわけでは無いので、ウィキペディアさんに説明はお任せします。

 

水木一郎の「21世紀へ古き良き“アニソン魂”を残したい」という呼びかけによって、結成された。この背景には、結成当時のアニメ・ゲーム主題歌などに話題のアーティストによるおよそ作品内容にそぐわないタイアップ曲(アニメ・ゲームソングは全て作品とアーティストによるタイアップである)が起用されるという風潮に疑問を感じた事があげられる。

正式名称は「Japan Animationsong Makers Project(ジャパン・アニメーションソング・メイカーズ・プロジェクト)」である。

初期メンバーにANTHEMアニメタルで活躍していたさかもとえいぞうがいたことや、ハード路線で活動していたレイジーの影山らの影響が強く、多くの楽曲はジャパニーズ・ヘヴィメタルハードロックにかなり近い。ライヴもテンションが高く、ヘヴィメタルのライヴの熱気に近い。バックバンド経験者も河野陽吾樋口宗孝そうる透横関敦寺沢功一福田洋也ヌーノ・ベッテンコート高崎晃など、ハードロックやヘヴィメタルに関係する人物が多数存在する。

プロデューサーは井上俊次ランティス代表でレイジーキーボーディスト)である。

最近では、世界を周るツアーやアニメタルUSAとの共同ライブを行うなど、日本だけではなく世界でも活躍をしている。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/JAM_Project

 

要するにざっくり言うと、水木一郎さんの声によって結成されたアニメソング界の偉大なるヘヴィグループなのです。…にしても高崎晃さんとか、ヌーノ・ベッテンコートなんかも参加しているとは知りませんでした。

書いてある通り、曲の雰囲気は、ヘヴィメタルやハードロックのような熱いノリのものが多いようです。

私が最初にJAM Projectを知ったのは、たしか第二次スーパーロボット大戦αだったかと思います。

 

第2次スーパーロボット大戦α PlayStation 2 the Best

第2次スーパーロボット大戦α PlayStation 2 the Best

 

 

たしかオープニングというかテーマ曲が「SKILL」という、JAM Projectの曲でした。

これまた凄く熱い曲で、今でもメロディーラインやコーラスなんか覚えてます。

 


[Official Video] JAM Project - SKILL-2015 -

 

 

というわけで、そんな熱いグループであるJAM Projectが歌っているワンパンマン2期のオープニング曲「静寂のアポストル」もカッコいいのは当然かと思ったわけです。

 

静寂のアポストルの歌詞

静寂のアポストル

静寂のアポストル

  • provided courtesy of iTunes

 

平穏だった街に
轟音響かせ来るぞ
ヤバい!ケバい! Monsters!


先陣切んの誰だ?
怪人排除の際は
破壊&誤解…無礼講!
We know“We are HEROES!”


(Ah) なぜ悪に
(オマエ) 生まれたのか?
(答え) 知りたいなら
(特別) 教えよう
今夜正義のパンチでド派手に
散るのが宿命(さだめ)


(HERO) その名はヤツのためにある
(Go! Go!) 静寂の拳(けん)を 突き上げろ!
(HERO) 孤独を背負う使徒(アポストル)
(Go! Go!) 憎しみじゃない
平和を護るだけさ


満点だったスリル
一転恐怖に変えて
ヒドい!クドい! Monsters!


最強チーム組むぞ
愛嬌ない奴ぁ要らねえ
A級B級…Thank you!
You know“We are HEROES!”


(Ah) ビルよりも
(マジで) デカい敵に
(ふらり) 挑むアイツ
(どこの) 誰だろう?
荒れ狂う獣人 一発で倒した
汗もかかずに


(HERO) 輝け!地獄絵の空に
(Go! Go!) 沈黙の叙事詩 書き上げろ!
(HERO) 混沌(カオス)に堕ちた使徒(アポストル)
(Go! Go!) 波紋広げる
強さが運命だ

 

おわりに

歌詞の中ではやっぱりサビに入ったところの「(HERO) その名はヤツのためにある」ってところがグッと来ます。

助けを求める声にサイタマ氏がスッと現れるところが思い浮かぶようです。

全然関係ないけど、ジャックスパロウが「彼こそ海賊」なら、サイタマ氏はまさに「ヤツこそヒーロー」なんだなぁ…と思いました。

今改めて見ていたら、この静寂のアポストルの歌詞は森雪之丞さんが作詞されているようです。森雪之丞さんの熱い歌詞に、JAM Projectの熱い歌声がマッチしていたんですね。

 

というわけで今日はワンパンマン2期OP曲、「静寂のアポストル」がカッコいいことを書かせていただきました。

3期も早くお願いします!

 

静寂のアポストル

静寂のアポストル

  • provided courtesy of iTunes