マンウィズアミッション大好きな雑記ブログ「小野姉子はノってるし!」

MAN WITH A MISSIONやその他好きなバンド、曲について書くブログです

「ナガサキする」は、「破壊する」という意味?

先日8/6は広島原爆の日、明日8/9は長崎原爆の日ですね。

6日の日にも黙祷しましたので、明日の9日にもきちんと黙祷したいと思います。

 

さて、yahooを見ていたら、アメリカのドラマ「THIS IS US」にて、破壊するという意味で「Nagasaki」という言葉が使用されていたそうです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

普通だとふざけんなこの野郎!!と反応してしまいそうな内容ですが、上の記事で紹介されていた前長崎原爆資料館長である青来さんが、とても冷静な分析をされたコメントをされていました。

 

この表現を肯定するつもりはないが、全体の文脈の中で読むと、原爆投下や戦争を賛成する内容ではなく、登場人物の性格を表しているようだ。悪役の言葉として使ったのであれば、作者としては、逆に原爆投下を否定的に捉えているとも考えられる。作品の中の登場人物のせりふの一言だけを切り取って問題にしてしまうと、原爆について表現することを萎縮させることにもなりかねない。明確に侮蔑、差別の意図が感じられるのなら別だが、視聴者が判断することではないか。

 

私はドラマを見たことが無いので、わからないのですが、きっとこの青来さんはこのことを受けてせりふ全文なりドラマを見て確認されたのでしょう。

そのうえできちんと自分なりに解釈されたうえでのコメントのようです。

なんというか、切り取った一部だけを見て感情的に物を言ってはいけないなと改めて思いました。

 

ただ、私は少々長崎に縁がありまして、今度のスカイジャンボリーにもマンウィズを見に行ったりするのですが、ドラマ中でこの悪態をつく人にはとっては、「Nagasaki」は破壊するという意味で語ることが出来ると思っているのでしょうけど、私は長崎にも、もちろん広島にも「破壊された」という雰囲気は微塵も感じません。

 

もちろんそれは私が戦後の生まれであることも関係していると思うのですが、戦後の広島や長崎はむしろ「再生」の象徴ではないかと思います。

特に今回やり玉にあがった長崎は、今では世界遺産やら、ハウステンボスやらと観光で大いに賑わいを見せている県です。原爆が投下されたという歴史も、長崎の特徴の一つになってはいますが、原爆だけが長崎ではなく、むしろ複数ある特徴のほんの一つに過ぎません。

 

Nagasakiを破壊という意味での動詞として使ったキャラクターは、おそらく我々が原爆で破壊した街だろ?HAHAHA!みたいな思考なのかもしれません。

劇中では以下のように話していたようです。

 

 「If you do,I'll be forced to Nagasaki your life and career.(もし降りるなら、君のキャリアを徹底的につぶすしかない)」

 さらに、かつて人気だった別の俳優の名前を挙げ、自分に逆らった俳優の末路を思い知らせようとする。

 「I Nagasak'd him.(私がつぶした)」

 

しかしすでに述べたように今の長崎や広島は完全に復興しています。

ドラマの制作者がそこまでこのキャラクターに皮肉を込めているとは思えないですが、もしかしたら彼が潰した(Nagasakiした)人物も、今では彼の思いもよらない復活をしているのかもしれないなぁ・・・と思った次第です。

 

さて、今回も音楽全く関係ないことを書いてしまいました。

次こそは音楽のことを書こうと思います。ガウガウ。