マンウィズアミッション大好きな雑記ブログ「小野姉子はノってるし!」

MAN WITH A MISSIONやその他好きなバンド、曲について書くブログです

最近煽り運転のニュース多すぎません?

headlines.yahoo.co.jp

 

最近やたら煽り運転のニュース多い気がします。

しかも凄く性質の悪いの。

先日のはパンチ、今回のは工具で脅すって…。

 

たかだか運転で何でそこまで頭にきちゃうんですかね?

パンチはまだしも、工具持って近づいて来るとか、完全に殺意ありますよね。

 

例えば、https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1585/_31893.htmlのサイトでは、運転中の心理状況として以下のように書かれていました。

 

普段はあまり怒らない人でも、なぜ車に乗ると怒りっぽくなるのか。心理カウンセラーの五百田達成氏は、その理由を「車に乗ることよって別人格が生まれる」と説明する。 

「車は日常生活で操ることができるものの中では最大級の大きさ。その物理的な大きさから、歩行者や自転車を“小物”扱いしてしまうのです。この理論で言えば、大きな車に乗っている人や高級車に乗っている人の方が、その車の価値を自分の価値と同一視して尊大になりがちとも言えます」 

 

「またもうひとつ考えるのは、車ならではの匿名性の高さ。運転手の顔も見えないし、誰が運転しているかも分からない状態なので、相手に対して感情をストレートにぶつけることができるのだと思います」

 

他にもhttp://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/283055.htmlでは、スピードを出して移動することで神経が高ぶり、感情的になりやすいことが書かれています。

 

交通心理学が専門の実践女子大学の松浦常夫教授は、怒りの感情が高まって交通トラブルが犯罪行為に発展する現象は「ロードレイジ」と呼ばれていると指摘します。

松浦教授は「高速道路を運転する時は、スピードを出して移動することで脈拍や血圧が上がるなど、神経が高ぶり、より感情的になりやすい。これを心理学では『覚醒水準が高い状態』と言い、この状態で、ほかの車が割り込んできたり、進路を邪魔されたりすると怒りの感情が出やすくなる」と指摘します。

 

まあ、ロックミュージックでも結構車やバイクに関わるような曲がありますし、高ぶるものなんでしょう。Mötley Crüeの「Kickstart My Heart」とか、バイクだけど、カッコイイですしね。

 

Kickstart My Heart

Kickstart My Heart

  • provided courtesy of iTunes

 

まあそういう高ぶりは十分わかるんですけど、やっぱそのくらいで怒っちゃダメだと思うんですよね。感情はきちんとコントロールしないと。

みやぞんが前にイッテQで言ってたんですが、「自分の機嫌は自分でとって、他人に機嫌をとらせない」

これに尽きると思います。自分の怒りは自分の中で収めて、他人に怒りをぶつけない。

信号のない横断歩道で歩行者が止まっていても止まらない車も多いですし、これはこれで問題になってますけど、結局これも自分の都合を他人に押し付けてるんですよね。ちょこっと歩行者が渡るくらいの時間止まったって大した時間のロスにはならないのに、なぜか運転中はその程度のことすら出来なくなる。

 

でも冷静になって考えてみると、そもそもそんなに急ぐことなんて無いんですよね。

私もですけど、分刻みで生きてる人なんてそうそういない。

そこまで忙しく無いんですw

あなた別に大した用事無いですよね?って

横着な運転をしている人にはそこに早く気づいて欲しいです。

 

私はというと運転中は必ずと言って良いほど音楽を聴いています。

そうすることで運転している時間も楽しもうって魂胆です。

焦ってても、のんびりしてても同じ時間が流れてますから、どうせ同じ時を生きるなら楽しく過ごしたいですね。

 

よし、上手くまとまりました。